LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

アガリクス原液飲用体験談

58才 鈴木氏

肝臓癌の末期症状

8月末

肝臓癌の末期と診断されて入院。本人は告知していない。精密検査の結果3ヶ月の命との事。

9月

アガリクスを飲み始める。飲み始めて1週間で、身体のだるさが無くなり、食欲が出だした。

10月

本人のたっての希望により退院。抗がん剤とアガリクスを併用。

家族が止めるのを聞かず毎日ハウスに仕事に行く。

11月

本人は体調が良いので、アガリクスを飲むのを止めると言いだし、奥さんが無理矢理飲まし続ける。(本人は肝臓癌と知らないため)

12月

毎日ハウスにいき真っ黒に日焼けしている。

お昼は奥さんがハウスにアガリクスを持って行って、無理矢理飲ましている。

※3ヶ月の命と診断が6ヶ月の命と診断が変わる。

翌年1月

肝臓癌の進行は止まっているが、肝臓癌はまだあるとの事。元気過ぎるので医者が不思議がる。

2月

体調が良いので病院に定期的に行きたがらない。

3月

定期検診で疲れないか疲れないかとしつこく聞かれる、担当医がしきりに不思議がる。

4月

本人は完治したつもりでいる

昨年8月に余命3ヶ月の命と言い渡されて現在まで8ヶ月。

アガリクスは本当に凄い。
※注意 これらは、ご本人様のご意見、ご感想であって、製品の効能等を保証するものではありません。

 

アガリクス・ブラゼイ・ムリル 「ゴールド」