LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

アガリクス原液飲用体験談

富士市 12才 中学生 杉〇永

 

病名

滲出性中耳炎(シンシュツセイチュウジエン)

発病

4才の時から中耳炎を患っていて、何十回となく手術し、アデノイドを取れば改善すると手術してみたが、良くならない。手術の為に2度入院している。鼓膜を突き破りチューブを入れること3回。

かかりつけの先生は、手術も駄目、薬も駄目、アトピーもあり、体質を変えるしかないと、半ばサジを投げられた状態になっていた時に、義兄がアガリクスで、咽喉の痛みが治ったことを知り何故アガリクスが効果があるのか納得の行く説明を聞きたくて5月14日 水谷先生に来て戴く。

5月15日

晩 5cc飲む。飲用後30分も起きていられず寝込んでしまう。

眠っている間に発熱したようだ。

5月16日

スッキリ起きられる、頭痛無く気分良く、食欲もある。

普段 便秘気味なのに、この日3回トイレに行く、多く出る。

5月17日

顔に湿疹とむくみ、背中に強烈な痛み。1週間に4回の通院日、4日分の薬が減らされた。

薬が減ったのは、4才の時から始めての事。

5月18日

頭の湿疹とむくみ、背中の痛み続いている。

5月19日

顔の赤み、むくみ、背中の痛みが、消え始める。

5月20日

反応と思われるもの、すべて無くなった。顔の皮膚がキレイになってきた。

5月21日

通院日、検査の結果さらに薬を減らされる。しかし、アカリクスを飲み始めてから薬は一切飲んでいない、顕微鏡で見せられた鼓膜、今まではへこんで、歪んでいたが、ピンクにふっくらと、膨らんでみえた。

5月22日

昨日の鼓膜をみて貫通させているチューブを取り除くことを決意、病院を替える。取った後の聴力検査でグラフが山を描く。この事も今まで1度も無かった事で、聴力も回復していることが確認される。先生に何か飲みましたかと問われ、アガリクスの事を話す。この日薬は何も出ない。

 

以上の症状は、6年生のときから特に悪くなり、中学一年生になって更に悪化。病院を続けていても悪くなるばかり、かといって止めるわけにもいかず、重い悩む日々でした。

体質の為にはアガリクスが骨髄に働きかける力を信じてご覧なさいの一言が又舌下に含みその後飲み込む飲み方の指導をして戴いた時は、本当と感じ取れました。

家族と娘を8年以上悩まし続け、苦しめた中耳炎がアガリクスの飲用で10日もかからず治療してしまう生命力の素晴らしさ、手術と薬しか重いが至らず苦しめ続けさせたと反省させられます。

1日1日明るい顔になっていきます。1日1日体力のついていくのが判ります。

アガリクスに会えたことを感謝せずにおれません。本当にありがとうございました。

5月24日

 

※注意 これらは、ご本人様のご意見、ご感想であって、製品の効能等を保証するものではありません。

 

アガリクス・ブラゼイ・ムリル

アガリクス・ブラゼイ・ムリル 「ゴールド」